2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.12.07 (Thu)

休日のお昼はラーメン

お家ラーメン

寒くなってくると、お休みの日のお昼に、ラーメンが食べたくなる!
我が家の面々。

我が家では、今日のお昼はラーメン!と決めると、朝からチャーシュー作ったりする。
というのは、自家製チャーシューが割安で美味しいってこともあるけど、隠れた目的があるのだ。

それは、チャーシューを作る途中で出来る、豚のスープ!

これで、ラーメンを作ると、しま○やの3食ラーメン198円也が
あらビックリ! お店風な味に・・・

安い生ラーメンに付いて来る、スープの素を、普通に丼に入れ、お湯で薄める所を、この豚のスープでのばすだけ!

自分でチャーシュー作ると、一緒に煮玉子も作れるところもポイントだ。


ここで、お薦めしたいのは、自家製チャーシューは是非、モモ肉や肩ロースではなく、バラ肉で作って頂きたい。

バラチャーシューはトロっとして美味しく出来るだけでなく、摂れるスープも旨みタップリなのだ!

鳥ハムを作った時に出来る、ゴールデンスープを冷凍しておいたものを足せば、完璧。

自家製バラチャーシューは熱々ご飯の上に載せ、青梗菜をサッと茹でたものを添えて、煮詰めたタレを掛ければ、「豚バラ飯」の出来上がり!
こっちも、捨てがたい美味さ。

嗚呼、バラ肉万歳な真理子なのであった。


それにしても、ラーメンの写真って早く撮らないと
麺のびちゃうし、焦った焦った!
白髪ネギがぶっといのは、気付かぬフリでお願い致します。



我が家のバラチャーシューの作り方は・・・

【More・・・】

特にこれと言って、変わったところも無いのだけど

①バラは出来れば500g以上用意する。
②鍋に納まりが良い様に、1/2位で切っておく。
③フライパンで表面を焼きつけ、余計な脂をペーパータオルに
 吸い込ませながら、落す。
④たっぷりの水を入れた鍋に、バラ肉を移し
 ネギの青い部分・ニンニク一片・生姜スライス4~5枚を入れ
 火にかける。(蓋はしないこと!)
⑤アクと脂を取りながら、20~30分茹でたら
 肉を一旦取り出す。
⑥残ったスープはザルで漉して、取って置く。
⑦肉は改めて、醤油・味醂・タップリ目の日本酒・在れば八角少々
 先程のスープお玉2~3杯とお湯と共に火にかける。
⑧ここから弱火で1時間以上煮る。
 煮玉子を作る場合は、ゆで卵も入れておく。
 在れば紹興酒で最後に香り付け。
⑨煮上がったら、鍋のまま一旦冷ますと、味が滲みる。


バラ肉なのに、ほとんど脂は落ちて、プルプル・トロトロなの。

これってつまり、角煮と同じなんだけどね!
薄く切りゃ、バラチャーシューってことで!!!




スポンサーサイト

テーマ : 今日のランチ! - ジャンル : グルメ

10:13  |  中華  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tabesugiyo.blog70.fc2.com/tb.php/69-2eac1e4c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。