FC2ブログ
2021年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2006.11.13 (Mon)

美ヶ原温泉 『旅館すぎもと』 1

紅葉の季節、夫と二人どこに行こうかと考えた時
思い浮かんだのが、この宿。

前々から、一度訪れたかったの~!

と言うのも、以前旅行誌であの山本益博氏のお気に入りの宿として、書かれた紹介記事が、忘れられなかったのだ。

すぎもと 外観

先日のエントリー「たてしな薫風」を後にした真理子夫婦は、松本市内観光でヘトヘトになりながら、やや遅めにチェックイン。

駐車場は狭いのだが、細い路を宿の前に辿り着くと、即若い従業員さんが誘導してくれる。
三階建ての木造建築(昭和8年創業らしい)は、改築されていて、旧さと近代的なデザイン性を併せ持つ、何とも落ち着く造り。

私たちのお部屋は、本館?の2階桧風呂のついたタイプで、中庭に面していた。
他にも、囲炉裏つきのお部屋や、ロフトつきのお部屋など各部屋はそれぞれ違う造り。


夕食まで時間が余りなかったので、そそくさと温泉に。

こちらの美ヶ原温泉は、奈良時代からあるらしい。
日本書紀に「束間の温湯」と記されているそうな・・・
江戸時代には松本藩主の御殿湯。
日本書紀よ!日本書紀!想像の域を超える歴史だわ。

自家源泉が庭にあり、45℃、弱アルカリ単純温泉。

しかし残念ながら、こちらの宿は掛け流しではない。
昔は掛け流しだったのか?掛け流しの記述がHPに・・・
これは、修正なさった方がよろしいかと。
それとも、どなたかのHPの記述であったように、家族風呂だけは源泉掛け流しなのかな?

お風呂から上がって、ビールをちょこっと。
嗚呼、極楽極楽~♪


そして、いよいよ夕食だ!

ここの宿は、美食で有名な宿。

期待でウキウキしながら、地下の廊下を通り、料亭内の「孤月庵」へ。
すぎもと 回廊
すぎもと 料亭内

こちらの席、迫力のオーディオで、ジャズが流れているの。
ステキでしょう?


さてさて、お料理は今迄で最高に長くなりそうなので

つづく・・・






そうそう、館内がとっても素敵な造りなのに、チェックイン後ばたばたしてしまい、写真が撮れなかったのが悔しい。

ご主人の蕎麦打ちも見逃した。残念・・・

皆様、是非下のHPで、宿の様子をご覧になって!





宿名  美ヶ原温泉 旅館すぎもと
住所  〒390-0221 長野県松本市里山辺451-7
TEL   0263-32-3379
FAX   0263-33-5830
e-mail sugimoto@po.mcci.or.jp
最寄り駅 中央本線松本駅(新宿より特急2時間30分)下車
     タクシー15分
     中央自動車道松本ICより約25分

宿HP  www.mcci.or.jp/www/sugimoto/




スポンサーサイト



テーマ : 温泉宿 - ジャンル : グルメ

14:04  |  美味しい宿  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tabesugiyo.blog70.fc2.com/tb.php/60-aaf93321

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

美ヶ原温泉でほっとする
2007/06/17(日) 20:10:03 | 旅を連想するようなページにしようと思います。

▲PageTop

 | HOME |