FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.11.11 (Sat)

蓼科温泉 『たてしな薫風』 3

夕食時に、朝食は和食にするか洋食にするかお尋ねがあった。
夕食の土鍋炊きご飯があまりにも美味しかったので
迷わず、和食を選択。
夫に「あなたは洋食にしてみたら?」とこのブログへ載せる写真をこっそり意識した、小ズルイ妻真理子。
当然その目論見は「俺もご飯がいい。」との一言で、脆くも崩れる。
そうだよね、夫氏土鍋ご飯、4杯もお替りしてたもの・・・
だからと言って、私も諦められない。あのご飯。

蓼科薫風 和風ポトフ

朝食で先ずだされるのが、こちらの和風ポトフ。
れんこん、里芋、人参、ズッキーニ等々が優しい味のお出しで共される。
ビックリするほどの胡椒が効いている。

こちらのポトフを不味いとコメントされる方が多いようだが
料理長は敢えて、このピリリと辛い胡椒使いなのだと感じさせる。
私は好き。

惜しむらくは、ぬるいのだ。

そのせいで、損をしている気がする。

具材が冷たいまま、熱いスープを注いでいるのがアリアリ。
もっともこの胡椒の量で、熱々だったら、むせ込んでしまうかもしれない。

この胡椒の量と温度の関係が、料理長の思惑だとしたら
それならこの料理の評価は・・・

私は胡椒の量をきもち控えて、熱々の状態で食べたい。
だってー!ぬるいポトフなんて・・・

蓼科薫風 朝食

期待したご飯は残念ながら、土鍋炊きじゃなかった。

全般的に朝食は軽め。
一番美味しかったのは、大豆を海苔で炊いたもの。
煮豆が得意じゃない私が、美味しいと思った。



ここの宿の最も優れている点は、コストパフォーマンスに優れている所。

連泊した場合のお料理はどうだろう?
またいつか行ってみたいと思う。



スポンサーサイト

テーマ : 温泉宿 - ジャンル : グルメ

20:23  |  美味しい宿  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tabesugiyo.blog70.fc2.com/tb.php/54-98064aa5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。