FC2ブログ
2021年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2009.07.12 (Sun)

下赤塚 『芝蘭 板橋本店』

このお店の存在は前から知っていた。
自宅から直線距離でそう遠くない、赤塚の名店。

その日、我が家の王子様は急な飲み会とか・・・休日の晩ご飯、夫と2人「美味しいピリカラ中華が食べたいね~」と意見が一致。
案の定、富士見台の『源烹輪』は既に予約で一杯。
こちらのお店に予約を問い合わせると、「ご予約はコース料理のみ承っております」とな!
それでは、17時の開店直後に参りましょう。

芝蘭 外観
川越街道からちょっと入った住宅街のビルの1Fにこんなチンマリとしたお店。
喫茶店かと間違えそうな外観。

入店すると、流石に17時過ぎ。先客は一組のみ。
先ずはビールで乾杯!
店内に貼られた黒板メニューから選ぶ。
芝蘭 骨付き鶏の黄色唐辛子煮
黒板メニューは中国語だったので、漢字のならび覚えていない。
「骨付き鶏の黄色唐辛子煮」とでも言おう。
このスープの黄色い色はなあに?とフロアの女性に尋ねると、中国の黄色唐辛子のものだとのこと。
うん!スッキリとした辛味。
複雑な香り。香菜(シャンツャイ)がピッタリ。
黄色はもしや、ターメリックも隠れている?

芝蘭 陳麻婆豆腐
続いて通常メニューより、「陳麻婆豆腐」

ん???
唐辛子の「辣(ラー)」は十分感じるが、
花椒(ホアジャオ)の香りとビリビリ感は控えめ。
『源烹輪』や『老四川 飄香』や、ましてや『中国家庭料理 楊』の刺激的な「麻(マー)」に慣れた私には、物足りないくらい。
でも、これなら万人に好まれるであろう美味しさ。

芝蘭 鱧と夏野菜の炒め
またも、黒板メニューより、甘酸っぱ辛系を
「鱧と夏野菜の炒め」

これが美味しかった!
中華で鱧・・・初めてだ。本当の中国で「鱧」とはウナギのことを指すみたいだが、これはれっきとしたハモ。
湯引きの鱧がいま一つ好きではない私には、とっても好ましい一皿。

甕出し紹興酒も飲んで、2人だとここらでお腹一杯。
芝蘭 汁なし坦々麺
「汁なし坦々麺」で〆。

嗚呼、満足。

数年前に銀座、昨年神楽坂に支店を出した、今勢いのある芝蘭。
本店のこちらで、その理由も納得。

次回は改装したらしい銀座も試してみたい。




店名     芝蘭
最寄り駅  営団赤塚・下赤塚
住所    東京都板橋区赤塚新町3-3-20
電話    03-3939-4465
定休日   月曜日
営業   11:00~14:30/17:00~21:30(L.O.)

HP    http://tooenkai.com/


芝蘭 板橋本店 (四川料理 / 地下鉄赤塚、下赤塚)
★★★☆☆ 3.5


スポンサーサイト



16:08  |  おそとで食べすぎ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tabesugiyo.blog70.fc2.com/tb.php/117-9bd2dc28

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |