FC2ブログ
2021年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2008.09.14 (Sun)

浅草の老舗和菓子 『徳太楼のきんつば』・『亀十のどら焼』

徳太楼 きんつば

浅草の有名なきんつば・・・と聞いて、きんつば大好きな夫の為に、お買い求めの真理子さん。
アタシっていい妻でしょ?と、夫に押し付けがましいアピールも忘れなかったけど!
夫は例によって、そこは聞かないふりで、でもウホウホときんつばをお召し上がり。

こちらのきんつば、小振りでパクリと頂けるサイズ。
上質な餡をあっさりとした甘味で味付けしてあり、皮も軽く焼いてある薄い色。
なんとも上品なきんつば。
うん!これ、美味しい。

ところでこれ、浅草で買い求めたわけじゃござんせん。
シブヤ西武の地下1階に、日替わりで都内の、否日本中の有名な和菓子を置いているお店が在るの。
木曜日はこの「徳太楼のきんつば」と、同じく浅草のこれまた有名な『亀十』のどら焼がある。
亀十などは日によって行列ができるらしいが、こちらはガラ空き。
平日のシブヤ西武の食品売り場って、こちらが心配になるほど人が居ない。
客である私が通路を歩くと、通り過ぎるだけだというのに、それぞれのお店の方がお辞儀して下さるの!
ちょっと居心地悪くなるほどの、女王様気分。

亀十 どらやき

こちらもまた、大変有名な「亀十のどら焼」
『うさぎや』のどら焼きで、我が家の男どもがどら焼き大好きだと、遅ればせながら認識したので、こちらも御購入。
大振りのこのどら焼き、皮はフっワフワ。
皮には細かい気泡が沢山。
成る程!先に焼いた面を裏返して挟んであるのか・・・
これで、口に入れた時、よりフワフワ感を感じる訳だ。
うさぎやなどのモチモチ系の皮とは対極だな。
軽~い噛み応えが心地良く、それ故、中の餡子がより主張する感じ。
これも美味しい!
大きいのに、ペロリと食べられてしまう。

徳太楼は明治36年、亀十が大正末期と、何れも結構な老舗。
どちらの御菓子も、昔から変わっていないのだろうな・・・と容易に想像できる、老舗らしい真っ当なお味で御座いました。



店名     御菓子司 徳太楼
最寄り駅 浅草
住所    東京都 台東区浅草3-36-2
電話    03-3874-4073
定休日   日曜 (季節の行事により変更あり)
営業    10:00~18:00  


店名     亀十
最寄り駅 浅草
住所    東京都 台東区雷門2-18-11
電話    03-3841-2210
定休日   月曜
営業    10:00~20:30  


店名     西武百貨店 シブヤ西武店 諸国銘菓
最寄り駅 渋谷
住所    東京都 渋谷区宇田川町21-1
電話    03-3462-0111(代表)
定休日   西武百貨店シブヤ西武 の営業に準ずる
営業    日・月・火・水 10:00~20:00
      木・金・土 10:00~21:00

HP   https://www2.seibu.co.jp/wsc/020/N000023551/0/info_d


スポンサーサイト



テーマ : 和菓子 - ジャンル : グルメ

15:51  |  お取り寄せ・お買物  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tabesugiyo.blog70.fc2.com/tb.php/103-44d05136

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |