FC2ブログ
2006年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2006.11.29 (Wed)

中国酒いろいろ

夫氏が中国に行っていたのだが、土産何がいい?って聞くので高くない普通の紹興酒!と答えておいた。
お菓子とか言わないで、「酒♪」って言う所が
如何にも私。
紹興酒 いろいろ

左から
「莫干山」(何て読むのかわからん)
「紹興花雕酒」(カチョウシュ)
「中国貴州 茅台酒 」(マオタイシュ)

なんと!一番左のは、500mlで180円でっせ!
旦那が地元スーパーでゲットした庶民の酒。
それにしても、安~!

ところがですよ。
この180円のお酒が美味しいの!
日本のスーパーに置いてある紹興酒は最低でも500円位する。
180円の酒は、180円なのに、ちゃんと3年物
何とも、まろやかな飲み口。
日本でポピュラーなあれは何だ!何だかバカバカしくなって来る。

真ん中のは、空港で買ったもの。
やっぱり空港、もう少しいい酒でお値段ももちっとするらしい。


右の茅台酒は超高級酒。
中国のナポレオンと呼ばれる蒸留酒。アルコール度50%前後。
飲むと自分の食道と胃が何処にあり、どんな形か解りそうな感じ。
紹興酒などは、黄酒という醸造酒。これは白酒という分類のもの。
中国では宴席の乾杯の酒は、この白酒でするのが習慣らしい。

ちなみに、この「中国貴州 茅台酒 」
ナポレオンと言うだけあって、毛沢東がニクソン大統領を、周恩来が田中角栄首相を接待した時にも出されたらしい。
ほほう、成る程高級だ。
日本ではネットの安売りでも5,000円前後。
夫が言うには、店で飲むと一本10,000円はするそうな。

でもね、この茅台酒、臭いのよ!
日本人には慣れない匂い。

中国のナポレオンより、180円の酒のが美味しいと思う私。

安上がりでよかったね!夫!



スポンサーサイト



テーマ : お酒全般 - ジャンル : グルメ

13:30  |  飲みすぎ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.11.23 (Thu)

味噌おでん

過去記事移植・一部加筆
寒くなってくると、無性に熱々おでんが食べたくなったりしません?

普通のおでんも好きだけど、味噌おでんだと楽しさ倍増!

<本日のタネ>

・大根
・こんにゃく
・厚揚げ
・里芋
・ちくわ
・揚げボール
・ちくわぶ
・鶏ササミ(予め焙って焦げ目をつけておく)
・ウズラの卵 ←絶対外せない、人気者♪

こ~んな風に串に刺す。
味噌おでん・具

ダシは通常のおでんより薄味で・・・
味噌おでん
↑ここでも活躍ル・クルーゼ

そして、手元で味噌を付けて食べる。
味噌の作り方は、

・八丁味噌(他の味噌じゃムリです)
・砂糖
・みりん
・お酒
・ダシ汁

を合わせ、鍋を弱火にかけ、照りが出るまで混ぜる。
ゆずの皮を少々入れることも・・・
味噌おでん・味噌



おでんのタネは、何でもO.K.
ブロッコリーや、人参、プチトマト、ソーセージ、お好きな物を!


家族であれやこれや串を選びながらワイワイ食べる。
休日の夕食にピッタリでしょ?

日本酒と合うんだな、これが!




テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

10:43  |  和食  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)

2006.11.22 (Wed)

フロインドリーブの焼き菓子


フロインドリーブ・スィートハート


ご存知、神戸のフロインドリーブ。
先日神戸のお友達が東京にいらした時に、お土産に頂いた、「スィートハート」

相変わらず、美味しい。
私は神戸に住んでいたので、その頃は時々訪れたものだ。

神戸の焼き菓子は本当にどれも美味しい。
焼き菓子だけでなく、パン・洋菓子全般のレベルが、日本一だと思う。
八百屋の隣にあるような、小さな町のパン屋さんや、ケーキ屋さんがビックリするほど美味しいのだ。
しかも、ケーキ屋さんの数も多い。
なんでも、ケーキ購入量日本一は神戸・西宮・芦屋らしい。
こんなに美味しければ・・・と頷けた記憶がある。

その中でも、私のお気に入りは、このフロインドリーブの他にも色々。
元町のコム・シノワ
甲陽園のツマガリ(これは元町大丸をもっぱら利用)
今は東京・京橋に引越してしまった、イデミ・スギノも当時、まだ北野にあった。
今でこそ東京でもポピュラーだが、ケーニヒスクローネだって本店の雰囲気は特別。
観音屋のチーズケーキも。
フーケはあのフォション丸真似マークがダサかったけど、味はまあまあだったなとか・・・


ああ、思い出すだけでもヨダレが・・・

甘いものは、そう得意ではない私も、神戸のお菓子なら食べたい。


ところで、広尾にある「東京フロインドリーブ」は、神戸のフロインドリーブとは直接関係ないらしい。
神戸のフロインドリーブに数年勤めていた方が、東京で開いたお店らしい。
暖簾分けという訳でもないみたい。
フロインドリーブは支店を持たない主義のようなので・・・

知らなかった。

そう言われてみれば、商品名が違うのだ。なるほど。


本物のフロインドリーブを東京で食べたければ、下のHPからのお取り寄せか、夫が神戸に出張した時、買いに行かせるしかないってことだわ!





店名   フロインドリーブ
住所   〒651-1192 神戸市中央区生田町4-6-15
電話   078-231-6051
Fax    078-221-4530
定休日  水曜日
営業   10:00~19:00

HP    http://www.mars.dti.ne.jp/~ghb1266/index.html 




テーマ : お取り寄せスイーツ - ジャンル : グルメ

14:20  |  お取り寄せ・お買物  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.21 (Tue)

雑司が谷 『和邑』

和邑 外観

新蕎麦の季節です!
新たなお蕎麦屋開拓ってんで、こちらのお店を訪ねた。

池袋と言うより、雑司が谷にある『和邑』

かねてからその存在は知ってはいたが、駅から少々遠いので二の足を踏んでいたお店だ。
こんな所に?と思うような住宅街に、ヒッソリと。
まさに、隠れ家の様なお店。


昼間っから、先ずはビールね♪
和邑 ビールと突出し
ビール頼んだら、蕎麦の実の揚げたのが。
おつまみは、
板わさ(写真なし)
そばどうふ
和邑 そばどうふ

玉子焼
和邑 玉子焼
甘・辛・中の中から初めてなので中を選択。
うん、玉子焼だ!出し巻き玉子と言うにはしっかり甘め。
私の好きな味♪
ビールも空いたので日本酒を頼む。
和邑 冷や酒と突き出し

また、新たに突き出しが!子持昆布と漬物。嬉しい。
このお店、日本酒1合1,000円からなのだ!
どんな酒?思ったら、ちゃんと値段なりのものを揃えてある。
連れが選んだ「かたふね」の冷やおろし。
う、美味い♪
冷やおろしも今季節だねと話していたら、女将さんが「そのお酒今年・・・の金賞を取ったんですよ」と。

続いて海老の鬼殻焼。
和邑 アカザ海老の鬼殻焼

そばがきは、練るタイプのもの。(写真なし)
香りはあまりしないかな?
そばがきはもう少し、濃い香りのものが好きかも。

そして、〆のお蕎麦は
連れが四色蕎麦
和邑 四色蕎麦
私は十割りのせいろ
和邑 せいろ
十割りなのに、とっても細くて喉越しもいい。

ああ、蕎麦屋フルコース。
蕎麦湯までしっかり頂いて、満足、満足♪

四色蕎麦は店内に貼られた、「本日の蕎麦」より選べる。
和邑 店内・本日のお蕎麦

店内にはガラス張りの蕎麦打ち処がある。
和邑 店内・蕎麦打ち処

もっとも、このお店、ご主人と女将の二人でなさっている小さなお店。
営業時間内に蕎麦打ちは見られるのかしらん?との疑問は残る。

蕎麦は挽き方や水、打ち方以前に、蕎麦の実自体の味がとっても重要らしい。
そりゃそうだ。
どんな料理だって素材が良ければ、美味しい。

産地によって、色も味も香りも違う。

今回頂いたのは、北海道産のもの。
北海道産のキタワセは、淡白な味と香りの上品な品種。


新蕎麦の季節に、素敵なお店に出会えた。

また、是非伺いたいお店。

今度は、事前注文の鴨鍋も食べてみたい。






店名  和邑 (わむら)
最寄り駅  池袋・雑司ヶ谷
住所     東京都豊島区雑司が谷3-12-3
電話    03-3987-5136
定休日   火水
営業平日  11:30 - 15:00 / 17:00 - 21:00
土・日・祝日  12:00 - 20:00




テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

10:04  |  おそとで食べすぎ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.11.20 (Mon)

スキレットで作るパエリヤ

過去記事移植

スキレットで作るパエリヤ


前日のブイヤベースの残りで作ったので、
楽ちんパエリヤ!

お米を研いでざるに上げておき、
みじん切りにした玉葱、ニンニク、バターで炒める。

スキレットに炒めた米と、ブイヤベースの残りと
鶏もも肉、ピーマン、パプリカを入れて、
強火で5分、弱火で10分炊くだけ!

スキレットで作ると、綺麗におこげが出来て
その香ばしさが、堪らない!


鶏モモ肉は炒めておいた方がいいし、骨付きのものだと見栄えがいい。

ちなみに、ブイヤベースには
殻付エビ
イカ
金目鯛
生タラ
ワタリ蟹
帆立
アサリ
が入っていた。

サフランさえあれば、シーフードミックスと鶏肉で
簡単パエリヤでも、充分いけるかも!




テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

14:48  |  洋食  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.11.20 (Mon)

スキレットで作る地鶏のグリル

過去記事移植


今度はスキレットでお肉を焼いてみました。

スキレットで作る地鶏のグリル


ホントは骨付きのモモ肉が良いのだけど、
骨付きはブロイラーしか無かったので、普通のモモ肉。

塩コショウして、ニンニクとハーブを載せて焼くだけ!
今回は一年中収穫できるローズマリーと
この季節ベランダのプランターに枯れずに残っていたタイム。

スキレット専用の重い蓋をして焼くので、ニンニクとハーブの香りがお肉にしみ込む。

皮はパリパリ、お肉は柔らかくてジューシー!

塩コショウ味で他に何も要らない!



つまるところ、鶏焼いただけですな・・・





テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

14:47  |  洋食  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.20 (Mon)

スキレットで作るキノコのグリル

過去記事移植

うふふ~!

来ました♪ ダッチオーブンスキレット。

いくらダッチオーブンが西部開拓時代のアメリカでオランダ系移民が使っていた物だとしても、アメリカ製の鋳物より何ってたって、南部鉄でしょう!
っで、探しましたよ!
色んな所で。

やっと品質とデザインの気に入った物が見つかったんで、底値の所を探した。

割引で売ってるネットショップに申し込んだら在庫がなかったり・・・


スキレットで作るキノコのグリル


お初のメニューはキノコのグリル♪

・エリンギ
・シメジ
・舞茸
・平茸

出来上がりにバターを落として、
テーブルの上で、醤油・玉葱とリンゴのすりおろし・ニンニク・赤ワインで作ったソースを掛けると・・・
ジュワ~!!!
パチパチ!!!
湯気と香ばしい香りが、モワ~!!!

ただ焼いただけなのに、
一つ一つのキノコの味が、強い!

もともとキノコは大好きだけど、スーパーで売ってるキノコって、こんなに美味しかったっけ?・・・な、お味。

いつぞや、某ホテルのダイニングで食べた時より、美味しく感じた。
我が家のは、松茸入ってないけど・・・
ただ、キノコもう少し大きいままの方が良かったかな?


写真もイマイチで悔しいし、今度は別メニューでリベンジしよ!






テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

14:46  |  洋食  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.15 (Wed)

松本 『みづしろ』 の漬物

みづしろのお漬物

松本の旅で、出会ったお漬物。
これが、美味しいの。

夫も私も、大の漬物好き。

夫は私に「漬物はケチらなくていいから!」と言う。
そんなあ、それじゃ私がケチ臭い料理ばかり(厚揚げの煮物みたいな)出してるみたいやんか、と思いつつ、んじゃ、デパ地下で遠慮のう買わして頂きます、と内心ニンマリ。

デパ地下に京都のお漬物屋さんは、色々あるけど、信州の漬物はまた一味違う美味しさ。

上の写真は、説明するまでもないが、赤カブの漬物・味噌わさび・野沢菜。
この店の看板の品は、やはり信州、野沢菜とわさび漬けなのだが、わさび漬けはあまり好きでない私達は、味噌わさびを選んだ。

この「味噌わさび」
みづしろ 味噌わさび

これが、びっくりの美味しさ。
炊き立てご飯にちょっとのせて食べれば、もうお替りしたくなっちゃうような・・・

お土産に配るために、幾つも買っちゃいました!

帰宅後、ちびちび楽しんでいたが
この味噌わさびがこんなに美味しいなら、使ってる味噌そのものも美味しいだろうねなどと夫に話すと、
「そういや、あの時店に居た常連らしい他のお客さん、味噌買ってたよ」と夫。

ちっ、買えばよかった。

店の女将さんによると、店にある物は何でもクール便で送ってくれるとのこと。

味噌わさびも2パック食べ切った今日この頃
お味噌も一緒に、お取り寄せしようと思う。



松本市内の店舗を訪れた時の様子。

松本市内の蔵造りの店が立ち並ぶ商店街に、その店はあった。
みづしろ 店舗

松本 中町通り商店街
中町通り商店街はこんな感じ。





店名   みづしろ(本店)
住所   〒390-0811 松本市中央3-2-13(中町通り)
TEL    0263-32-2632
FAX    0263-36-5567

HPアドレス http://www.mcci.or.jp/www/pickles/





テーマ : お勧めお取り寄せ商品 - ジャンル : グルメ

13:49  |  お取り寄せ・お買物  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.15 (Wed)

美ヶ原温泉 『旅館すぎもと』 3

すぎもと 朝食

朝食は、こんな感じ。
量は軽め。
昨日の夜、食べ過ぎたので、これくらいで丁度良い。

鮎の一夜干し・朴葉味噌

鮎の一夜干しと、朴葉味噌。
この朴葉味噌がとっても美味しい。
夫は最後の最後まで、ホジホジして食べていた。

この宿の料理を通して思うが、使っている味噌がどれもいい。
さすが、信州。

すぎもと 湯豆腐

朝の湯豆腐は好き。
お家では絶対にしないので、ちょっと贅沢な気分になるから。
熱々の湯豆腐を食べると、胃から暖まって、体が動き出す感じ。


この日も朝からとってもいい天気。

私達は、紅葉の乗鞍高原をドライブし、白骨温泉に入り、
出来れば、木曾の奈良井宿
http://www.a-namo.com/ku_info/kaido/nakasen_do/narai/narai.htm

まで足を伸ばす、欲張りな予定だったので、早めのチェックアウト。


フロントでは、ご主人が自ら、会計とお見送り。
行く先の道路情報や、見所まで、丁寧に教えてくれた。

老舗の有名旅館の主だけど、とても優しげな感じの方。



こちらの宿、こ~んなに豪華なお料理を出すのに
良心的なお値段。
(お酒は高かったけどね 笑)

もっと狭いお部屋で、食事も多少品数の少ないタイプなら
平日、15,000円から泊まれる。
あの料理の多さからすると、15,000円のプランでも十分だろう。

そんなにお安いのなら、連泊したい所だが
この宿に連泊しようものなら・・・

確実に太る・・・若しくは胃をこわす事、必至!



ここからは、こっそり内心の声を


テーマ : 温泉宿 - ジャンル : グルメ

11:03  |  美味しい宿  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.14 (Tue)

美ヶ原温泉 『旅館すぎもと』 2

すぎもと 馬肉のタルタル

これは、こちらの宿の名物料理

「馬肉のタルタル」

これが美味しいの!
薬味や味噌を色々とのせ、海苔で手巻き寿司の様に巻いて食べる。

冷酒と頂けば、もう幸せ♪

これは、全料理の中程に出て来たので、全てのお料理は


こちら 

テーマ : 温泉宿 - ジャンル : グルメ

13:07  |  美味しい宿  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.13 (Mon)

美ヶ原温泉 『旅館すぎもと』 1

紅葉の季節、夫と二人どこに行こうかと考えた時
思い浮かんだのが、この宿。

前々から、一度訪れたかったの~!

と言うのも、以前旅行誌であの山本益博氏のお気に入りの宿として、書かれた紹介記事が、忘れられなかったのだ。

すぎもと 外観

先日のエントリー「たてしな薫風」を後にした真理子夫婦は、松本市内観光でヘトヘトになりながら、やや遅めにチェックイン。

駐車場は狭いのだが、細い路を宿の前に辿り着くと、即若い従業員さんが誘導してくれる。
三階建ての木造建築(昭和8年創業らしい)は、改築されていて、旧さと近代的なデザイン性を併せ持つ、何とも落ち着く造り。

私たちのお部屋は、本館?の2階桧風呂のついたタイプで、中庭に面していた。
他にも、囲炉裏つきのお部屋や、ロフトつきのお部屋など各部屋はそれぞれ違う造り。


夕食まで時間が余りなかったので、そそくさと温泉に。

こちらの美ヶ原温泉は、奈良時代からあるらしい。
日本書紀に「束間の温湯」と記されているそうな・・・
江戸時代には松本藩主の御殿湯。
日本書紀よ!日本書紀!想像の域を超える歴史だわ。

自家源泉が庭にあり、45℃、弱アルカリ単純温泉。

しかし残念ながら、こちらの宿は掛け流しではない。
昔は掛け流しだったのか?掛け流しの記述がHPに・・・
これは、修正なさった方がよろしいかと。
それとも、どなたかのHPの記述であったように、家族風呂だけは源泉掛け流しなのかな?

お風呂から上がって、ビールをちょこっと。
嗚呼、極楽極楽~♪


そして、いよいよ夕食だ!

ここの宿は、美食で有名な宿。

期待でウキウキしながら、地下の廊下を通り、料亭内の「孤月庵」へ。
すぎもと 回廊
すぎもと 料亭内

こちらの席、迫力のオーディオで、ジャズが流れているの。
ステキでしょう?


さてさて、お料理は今迄で最高に長くなりそうなので

つづく・・・






そうそう、館内がとっても素敵な造りなのに、チェックイン後ばたばたしてしまい、写真が撮れなかったのが悔しい。

ご主人の蕎麦打ちも見逃した。残念・・・

皆様、是非下のHPで、宿の様子をご覧になって!





宿名  美ヶ原温泉 旅館すぎもと
住所  〒390-0221 長野県松本市里山辺451-7
TEL   0263-32-3379
FAX   0263-33-5830
e-mail sugimoto@po.mcci.or.jp
最寄り駅 中央本線松本駅(新宿より特急2時間30分)下車
     タクシー15分
     中央自動車道松本ICより約25分

宿HP  www.mcci.or.jp/www/sugimoto/




テーマ : 温泉宿 - ジャンル : グルメ

14:04  |  美味しい宿  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2006.11.13 (Mon)

大豆の炊き込みご飯

過去記事移植

秋になると、炊き込みご飯が食べたくなる。
どうして?


050919_1037~0001.jpg





乾物の大豆を中華鍋で、カラカラカラカラから煎りする。
弱火で20分ぐらいで、キレイにコンガリ、いい香り!

のんびり焦がしすぎないように煎っていると、部屋中が香ばしい香り。


あとの具は何でもお好みで!

今回は、黒米と、芽ひじきと、牛蒡、人参。

ジャコも合う♪

大豆のいい香りを邪魔しないものなら、何でも合いそう!




ほ~ら、あなたも炊き込みご飯が食べたくなってきたでしょう?


テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

09:16  |  和食  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.11 (Sat)

蓼科温泉 『たてしな薫風』 3

夕食時に、朝食は和食にするか洋食にするかお尋ねがあった。
夕食の土鍋炊きご飯があまりにも美味しかったので
迷わず、和食を選択。
夫に「あなたは洋食にしてみたら?」とこのブログへ載せる写真をこっそり意識した、小ズルイ妻真理子。
当然その目論見は「俺もご飯がいい。」との一言で、脆くも崩れる。
そうだよね、夫氏土鍋ご飯、4杯もお替りしてたもの・・・
だからと言って、私も諦められない。あのご飯。

蓼科薫風 和風ポトフ

朝食で先ずだされるのが、こちらの和風ポトフ。
れんこん、里芋、人参、ズッキーニ等々が優しい味のお出しで共される。
ビックリするほどの胡椒が効いている。

こちらのポトフを不味いとコメントされる方が多いようだが
料理長は敢えて、このピリリと辛い胡椒使いなのだと感じさせる。
私は好き。

惜しむらくは、ぬるいのだ。

そのせいで、損をしている気がする。

具材が冷たいまま、熱いスープを注いでいるのがアリアリ。
もっともこの胡椒の量で、熱々だったら、むせ込んでしまうかもしれない。

この胡椒の量と温度の関係が、料理長の思惑だとしたら
それならこの料理の評価は・・・

私は胡椒の量をきもち控えて、熱々の状態で食べたい。
だってー!ぬるいポトフなんて・・・

蓼科薫風 朝食

期待したご飯は残念ながら、土鍋炊きじゃなかった。

全般的に朝食は軽め。
一番美味しかったのは、大豆を海苔で炊いたもの。
煮豆が得意じゃない私が、美味しいと思った。



ここの宿の最も優れている点は、コストパフォーマンスに優れている所。

連泊した場合のお料理はどうだろう?
またいつか行ってみたいと思う。



テーマ : 温泉宿 - ジャンル : グルメ

20:23  |  美味しい宿  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.10 (Fri)

蓼科温泉 『たてしな薫風』 2

たてしな薫風 先附・寄せ盛

さて、夕ご飯。
上の写真は最初に出て来た先附と寄せ盛。

先附けの柿の白和えからして、
びっくり!、美味しいじゃないの~!
その前の週に都内の有名割烹で食べた、柿の白和えより美味しい。

続いて寄せ盛は近所で採れたというススキや、紅葉の葉で秋らしい飾り。
中身はこんな。
たてしな薫風 寄せ盛


これは、飲まずにおけようか
ってんで、すかざず純米酒を頼む、真理子夫婦。

こちらはお酒の種類もあり、しかもとってもリーズナブル。
温泉宿って、ビール1本、目玉が飛び出るような値段で出す所が多いでしょう?
ここの宿は、市価とそう大差ない値段で色んな種類のお酒を出してくれる。

のん兵衛真理子にとって、非常にポイント高し。

ワインの品揃えまで、結構ある。
隣のお席の熟年カップルは、きちんとワインクーラーに入れられたワインで食事を楽しんでいた。

そうそう、食事はふたつあるダイニングスペースと、または小さな個室(多分予約制)で頂く。
たてしな薫風 食事処



料理のつづきは・・・

テーマ : 温泉宿 - ジャンル : グルメ

14:37  |  美味しい宿  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.09 (Thu)

蓼科温泉 『たてしな薫風』 1

たてしな薫風 外観


更新をぐずぐずサボっていたせいで、店の取材(笑)ばかり進んでしまった。

これは、先月、夫と二人で信州旅行した際の宿。

最終泊に美食で有名な「すぎもと」を押さえてあったので
最初は秘境の湯
次にこちらの宿を選んだ。

本当は同じく蓼科の「たてしな藍」を希望してたのだが、流石に有名な宿!予約が取れなかった。

それで探したのが、この「たてしな薫風」

こちらは、今年4月22日にオープンしたばかりの宿。

オープンして間もないのに、口コミの評価が素晴らしい。
オープンして半年、ちょうどサービスもこなれて来た頃か?
それに、ここのお宿、このレベルにしてはお安いのよ~!



では、建物内部の様子をご紹介

わずか10室の小さな宿なので、こんな風にかわいいフロント
たてしな薫風 フロント

この写真の向かい側にはドーム型の暖炉もあるラウンジ
たてしな薫風 ラウンジ


今回のお部屋は一番多いタイプ『和のついん』
たてしな薫風 和のツイン
たてしな薫風 室内洗面コーナー
たてしな薫風 室内お茶コーナー


そして源泉掛け流しの、貸切露天風呂
酸性-ナトリウム塩化物硫酸塩泉(PH2.9、約62℃)
と、結構濃い成分なのに、意外にもとっても柔らかで優しいお湯。
たてしな薫風 貸切露天風呂

夫と二人旅。
息子君が居れば、夫は息子と入るのだが、貸切の時間は限られる。
しゃあない、我慢するには余りに素敵な貸切風呂だ!
お互いタオルでしっかりガードし目をそらしつつ、やけに饒舌な入浴で、間の悪さを誤魔化そうとする二人・・・笑

そんな事は、さておき、嗚呼いいお湯だった~♪


そうそう、ここの宿
群馬県四万温泉の「柏屋旅館」にお勤めだった方が、独立して興したもの。
四万温泉では以前に書いた「積善館」に泊まってしまうので、「柏屋」さんにお世話になったことはないのだが、こちらも素敵な宿。
しかし、系列の「柏屋カフェ」には四万に行く度寄っていたら、顔を覚えられてしまったという、ご縁がある。

ご主人が立地を探し、資金繰りをし、改装、従業員募集など、一から記された
ブログ「長野蓼科 宿物語」
も面白いので、下記HPをご覧になって!



食事は例によって、長くなるので


つづく・・・






宿名   たてしな薫風
最寄り駅 JR中央本線茅野駅下車 諏訪バス笹丸平バス停
     中央自動車道 諏訪IC経由   約2時間30分
     関越・上信越自動車道 佐久IC経由  約3時間
住所   長野県茅野市北山4035-552 (蓼科高原)   
電話   0266-67-2292 

Hpアドレス http://www.kaorukaze.com/



テーマ : 温泉宿 - ジャンル : グルメ

10:35  |  美味しい宿  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.07 (Tue)

イクラの醤油漬け

今年は秋鮭が、稀にみる不漁だそうだ。
だから、当然筋子のお値段も高騰!

でも、やっぱり食べたいから作っちゃいました。

それでも自分で作ると、安く作れるのよ・・・

そして、漬けごろを見計らい、アルミカップに分け、冷凍も出来る。
手巻き寿司の時には、解凍。

050914_1420~0001.jpg


生筋子2腹で作りました。

筋子のばらし方は、実は簡単。
熱くて手を入れて居られない程のお湯に(50度位らしい)、筋子を入れ
優しくもみもみする。
筋の部分が加熱され、白く変色し、面白いように取れる。
筋が縮まないのは、温度が低いのかも。
ヤカンにお湯を沸かしておいて、少し足してみるといい。
ばらけたイクラは、冷たい水に取り、ザルに上げる。



漬け汁の分量は・・・またも適当

醤油・酒・みりん・だし汁をお好みの配合で。

私は塩っぱめが好きだが、イクラを入れる前に味見すれば大丈夫。
お子さんの居る場合は、アルコールは飛ばしてから使いましょう。

密閉容器で一晩冷蔵庫で保存すれば、出来上がり!


熱々炊きたてご飯にのせて食べれば、
軽~く3杯はいける?

しそと海苔があれば、完璧さ!




テーマ : 美味なるもの - ジャンル : グルメ

12:59  |  和食  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.07 (Tue)

放置2ヶ月

ご無沙汰し過ぎてしまった。

病気だった訳でもなく、突然忙しかったのでもなく
(まあ、最初の頃は不測の事態だったんだけど)

ただ単に、ちょっとサボったら、サボり続けてしまった・・・

というのが、一番正確なところ。



久々にログインしたら、細々ながらコンスタントにアクセス数があるではないか!

解析見ると、ここって殆ど、店名検索で来る方ばかり・・・



やっぱり、料理する気が失せてる今日この頃

食べ歩き専門に転向すべきか?




00:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |