FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.14 (Tue)

ウェスティンホテル東京 『龍天門』

今日は大学時代の面々と、恵比寿でランチ。
4人揃うし、それでは、龍天門で飲茶&冷やし坦々麺と参りますか!
龍天門・・・私は実に久しぶり。何年ぶりだろう?

龍天門といえば、永らく東京のホテル中華の代名詞たる店。
しかし、恵比寿の駅からちょっと遠いので、ホテル広東というと私には京王プラザの『南園』の方が便利なの。
わざわざ行くなら、今や、マンダリンオリエンタルの『SENSE』が、私の中の一番のお気に入りだし。

でもね・・・龍天門には、これがあるのさっ!↓
龍天門 点心のワゴン
点心のワゴン♪
お願いすると、順番にお席の側にゴロゴロ押して来てくれる。
メニューに載ってない、その日の点心を、サービスのお嬢さんが丁寧に説明。

龍天門 お魚の胡椒蒸し 龍天門 蓮根の挟み蒸し&牛肉の団子
人気で無くなる事もあるという「お魚の胡椒蒸し」
「レンコンの肉挟み蒸し」
「牛肉のお団子」
を、ワゴンより。皆であれやこれや言いながら、選ぶのが楽しいのよね~

私の大好きな、排骨(パイクー)が無かったのは、ちょいと残念。

通常のメニューからのオーダーは
龍天門 海老蒸し餃子 龍天門 小籠包
龍天門 フカヒレ餃子
「海老蒸し餃子」
「小籠包」
「フカヒレ餃子」

どれもアチアチで美味しい。

そうそう、飲茶だから、お茶も最初に頼んでおります。
龍天門 お茶のワゴン
お茶もこのようなワゴンでサービスしてくれる。
鉄瓶で沸かしたお湯を使うのね!

龍天門 ジャスミン茶
「心心相印」
お安い方のジャスミンティーだというのに、花茶ですわよ!
何度もお湯を足しても、いい香り。

さあ、点心を堪能したので麺&飯を
龍天門 冷やし坦々麺
龍天門名物 「冷やし坦々麺」

龍天門 福建式チャーハン
「福建風あんかけチャーハン」

4人で2品をシェアという我侭を快く受け、小さな器に取り分け再度サーブしてくれる。
やはり冷やし坦々麺は美味しいのぉ・・・
本来裏メニューな冷やし坦々麺は、この季節、「冷たい麺フェア」で表メニューに載っている。
今回、冷やし坦々麺以外の冷たい麺も試してみたかったが、久しぶりの福建風あんかけチャーハンの誘惑には勝てなかったですわ。

この度、お酒を飲まなかったので、サービス料込みで一人2,800円弱。
思っていたより、お安かったわ。

お酒を飲まなかったのには訳がある。
それはこの後、ここから歩いてすぐの麦酒記念館でビール三昧の予定だったから!
それはまた、次の記事で・・・

そうそう、不景気どこ吹く風の龍天門。
相変らず平日ランチでも満席なので、少なくとも2~3日前に予約が無難ですわよ。




店名     龍天門
最寄り駅  恵比寿
住所    東京都目黒区三田1-4-1
電話    03-5423-7787
定休日   なし
営業   11:30~15:00(土・日曜・祝日11:30~16:30)/18:00~22:00

HP  http://www.westin-tokyo.co.jp/restaurant/ryutenmon/index.html



中国料理 龍天門 (広東料理 / 恵比寿、目黒、白金台)
★★★★ 4.0


スポンサーサイト
12:03  |  おそとで食べすぎ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.07.12 (Sun)

下赤塚 『芝蘭 板橋本店』

このお店の存在は前から知っていた。
自宅から直線距離でそう遠くない、赤塚の名店。

その日、我が家の王子様は急な飲み会とか・・・休日の晩ご飯、夫と2人「美味しいピリカラ中華が食べたいね~」と意見が一致。
案の定、富士見台の『源烹輪』は既に予約で一杯。
こちらのお店に予約を問い合わせると、「ご予約はコース料理のみ承っております」とな!
それでは、17時の開店直後に参りましょう。

芝蘭 外観
川越街道からちょっと入った住宅街のビルの1Fにこんなチンマリとしたお店。
喫茶店かと間違えそうな外観。

入店すると、流石に17時過ぎ。先客は一組のみ。
先ずはビールで乾杯!
店内に貼られた黒板メニューから選ぶ。
芝蘭 骨付き鶏の黄色唐辛子煮
黒板メニューは中国語だったので、漢字のならび覚えていない。
「骨付き鶏の黄色唐辛子煮」とでも言おう。
このスープの黄色い色はなあに?とフロアの女性に尋ねると、中国の黄色唐辛子のものだとのこと。
うん!スッキリとした辛味。
複雑な香り。香菜(シャンツャイ)がピッタリ。
黄色はもしや、ターメリックも隠れている?

芝蘭 陳麻婆豆腐
続いて通常メニューより、「陳麻婆豆腐」

ん???
唐辛子の「辣(ラー)」は十分感じるが、
花椒(ホアジャオ)の香りとビリビリ感は控えめ。
『源烹輪』や『老四川 飄香』や、ましてや『中国家庭料理 楊』の刺激的な「麻(マー)」に慣れた私には、物足りないくらい。
でも、これなら万人に好まれるであろう美味しさ。

芝蘭 鱧と夏野菜の炒め
またも、黒板メニューより、甘酸っぱ辛系を
「鱧と夏野菜の炒め」

これが美味しかった!
中華で鱧・・・初めてだ。本当の中国で「鱧」とはウナギのことを指すみたいだが、これはれっきとしたハモ。
湯引きの鱧がいま一つ好きではない私には、とっても好ましい一皿。

甕出し紹興酒も飲んで、2人だとここらでお腹一杯。
芝蘭 汁なし坦々麺
「汁なし坦々麺」で〆。

嗚呼、満足。

数年前に銀座、昨年神楽坂に支店を出した、今勢いのある芝蘭。
本店のこちらで、その理由も納得。

次回は改装したらしい銀座も試してみたい。




店名     芝蘭
最寄り駅  営団赤塚・下赤塚
住所    東京都板橋区赤塚新町3-3-20
電話    03-3939-4465
定休日   月曜日
営業   11:00~14:30/17:00~21:30(L.O.)

HP    http://tooenkai.com/


芝蘭 板橋本店 (四川料理 / 地下鉄赤塚、下赤塚)
★★★☆☆ 3.5


16:08  |  おそとで食べすぎ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.07.12 (Sun)

大塚 『蒼天』

その日誘われたのは、焼き鳥。数回行った事のある駒込の「T」だった。
駒込まで行くのならば、私は大塚の蒼天に行ってみたいとリクエスト。
人気のお店らしいので、ダメ元の当日予約だったが、何とか早い時間に滑り込み御席確保。
先日の『匠達広』もそうだったけど、こういうラッキーはきっと御縁のある証拠じゃない?と期待も膨らむわ!

蒼天 外観
お店に入ると、奥の部屋のテーブル席は3テーブル程あろうか。
私たちは手前のカウンターの中程に案内される。

蒼天 付出し3種
先ずは、突き出しの3種
トウモロコシの何だっけ?と、蕪の浅漬け、レバーのパテ。
どれも気が利いていて、見目良く、美味しい。
とりわけ、レバーのパテの美味しさにはビックリ。仄かにクミンとカルダモン?が香る。
パテ&リエット好きなアタクシ。お替りしたいくらいだわ!

蒼天 刺身3種
お刺身の3点盛り、ササミを入れて!とリク。
キレイでしょう?このお刺身。
蒼天 刺身用タレ3種
各刺身にそれぞれのタレが付く。拘ってるね~

蒼天 トマト
焼き物に行く前にお野菜も。で、トマトサラダ。
トマトの切り方が良い。食べ易い。何てことない事に見えるが、ちょっとした気配り。

蒼天 開運と仕込水
さて、ビールからお酒にチェンジ。
「開運 純米吟醸生酒 波(は)」

お酒を頼むと、こちらのお店と縁が深そうな、小左衛門の仕込水がチェイサーで出される。
これは、実に嬉しい。

さて、いよいよ串。
5本セットで様子をみよう。
蒼天 ササミ蒼天 レバー
蒼天 ネギ間蒼天 皮
ササミ、レバー、ネギ間ときた。
少し間をおいて、皮。

レバーの焼き加減というか、生加減が私は好きだわ。
そもそもそれまで嫌いだったレバーを食べられるようになったのは、小学3年生の頃。毎週、太陽神戸銀行の脇に、リヤカーの屋台で来る焼き鳥屋。そこはかとないハシタナサと感じながら、焼きたてアチアチを立ち食いする、魅惑のレバー。それこそが、やはりサッと強火の炭で焼いたものだったのだ。私がレバーを旨い!と感じたルーツ。
今考えると、小3にして、酒飲みの片鱗ありありだ!w

蒼天 ホロホロ鳥のリエット
お通しのレバーのパテをお替りしようかと思案していると、カウンター目の前の黒板「本日のオススメ」
に、ホロホロ鳥のリエットと在るではないか!
うん!これも美味しい。
イチジクと胡桃のパンがまた良い。ここの使っているパンって、どこのだろう?
リエット自体は、レバーのパテ程の驚きはなかったけど、パンで株を上げている。

次のお酒は、一番品揃えの豊富な「小左衛門」を色々
蒼天 小左衛門「蔵人の情熱純吟」蒼天 小左衛門「純米吟醸 信濃 美山錦」蒼天 小左衛門「純米吟醸 仕込38号備前雄町」&「なかむら」
左より
「蔵人の情熱純吟」
「純米吟醸 信濃 美山錦」
「純米吟醸 仕込38号備前雄町」 連れの焼酎「なかむら」

蒼天 錫のちろり
ぬる燗を頼むと、こんなステキな錫のちろりで供された。
錫でお酒が美味しくなるのよね・・・

実はこのちろりが気に入った真理子さん、ネットで探してみた。
鎌倉清雅堂という、金属食器の専門店。
http://kamakura-brand.com/seigado/index.html
思っていた通り、手作り作家物だった。
おお!お店にあった1.5合用・・・21,000円でっせ!!!
いいなあ♪欲しいな、これ。

蒼天 ぼんじり?蒼天 砂肝
蒼天 さがり?
ぼんじり、砂肝、さがり?だっけ?
他にも椎茸や焼き物食べた気がするが、写真は撮っていない模様。
燗した小左衛門のせいで、最後は相当記憶があやふやw
カウンター隣に座った、若いお嬢さん二人連れが、と~っても別嬪ちゃんだったのは覚えてるんだけどなぁ

ともかく、女性客にも好まれるのは、焼き鳥のお味もさることながら、清潔で整然とした店内の雰囲気。
そして、こちらの店主ご夫婦が、さぞや吟味と工夫をこらした、料理・器・お酒。
何もかもに、店に対する「Love」を感じるのよ。

お若い店主ご夫婦なれば、今後もまだまだ進化しそうな、蒼天。
是非また伺いたいですわ!



店名     蒼天
最寄り駅  大塚
住所    東京都豊島区北大塚1-34-10
電話    03-3940-6171
定休日   不定休
営業     17:00~22:30(L.O.)

HP   http://www.k4.dion.ne.jp/~souten04


蒼天 (焼鳥 / 巣鴨新田、大塚駅前、大塚)
★★★★ 4.0


09:18  |  おそとで食べすぎ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2009.07.06 (Mon)

恵比寿 『ぴえにゅ』

ぴぇにゅ 外観

ワインのプロS條、スウィーツの女王U田、夜遊び悪友S原と4人でランチ。
この度は、U田オススメの恵比寿のビストロへ・・・
恵比寿駅西口改札から東側出口に出て、すぐそこの角を曲がれば、トリコロールの旗が!
この日雨だったのだが、走って行けば傘なしでもO.K.?な距離
左の黒板のところの階段を上がって、2階へ。

ぴぇにゅ 店内
店内はこんな感じ

ぴぇにゅ 手書きのランチメニュー
手書きコピーの、本日のランチメニューも良い感じ

ランチは基本3種
・A Menu オードブル メイン パン コーヒー       (1,300円~)
・B Menu オードブル メイン デザート パン コーヒー (1,700円~)
・C Menu オードブル シェフおまかせ鮮魚料理 メイン デザート パン コーヒー
                                  (2,800円~)

どのコースのオードブルもメインも、各々7種類の中から、自由に選べる。
メニューによって+料金が発生するが、各々3種づつがエキストラチャージなしで食べられる。
私たちは、真ん中の「B Menu」を頼む。

さて、S條が居るからには、ワインはハウスワインではなく、夜用別メニューからのオーダーですよ~
頼むから、ランチで飯代の何倍もの酒は勘弁してくれ。(よくあるんだ・・・これがw)
彼女はワインショップのオーナーなので、ワインの味とともに原価も識っているので、そうなるらしい。
S條ほどほどのお値段のシャブリをチョイス(ホッ)
ぴぇにゅ シャブリ

この店はワタリガニのスープビスク(+200円)が美味しいと聞いていたので、オードブルには全員がそれをオーダー
ぴぇにゅ ワタリガニのスープビスク
くぅ~!これは美味しい♪
このままでも十分濃厚で美味しいのだが、写真左上の3種のトッピング、チーズ・ガーリック風味のクルトン・アイオリソースをお好みで混ぜて食べても、また一味変わって良い。

さて、メインは私を含め3人が
ぴぇにゅ 姫鯛のポワレ
「姫鯛のポワレ シェリーヴィネガー風味のソース」を

酸味が爽やかで、付け合せのお野菜も美味しい。
もう少し皮目がカリッと焼かれてると良いのにな・・・惜しい!

U田は諸事情により、こういったブリフィクスの場合大概「肉」だw
ぴぇにゅ ビーフ・ポークの挽肉 ハンバーグ仕立て
「ビーフ・ポークの挽肉 ハンバーグ仕立て」

うん、これも美味しそうなワインベースのソース。

さて、デザートは
ぴぇにゅ デザート
バナナのケーキとクレームブリュレ

コーヒー紅茶は冷たいものも選べる。

最後のケーキが効いた。結構お腹いっぱい。


今度は夜も試してみたい、くつろげるお手頃なフレンチだわ!




店名     ぴぇにゅ
最寄り駅  恵比寿
住所    東京都渋谷区恵比寿1-8-7 三恵エイトビル2F
電話    03-3449-6797
定休日   日曜日・第一第三月曜日 祭日ランチ営業なし
営業   11:30~13:30/18:00~22:00

HP   http://add.softin.jp/pienu/ 


ら・ぴぇにゅ (フレンチ / 恵比寿、代官山)
★★★☆☆ 3.5


11:10  |  おそとで食べすぎ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.07.05 (Sun)

新宿 『匠 達弘』

今日はグルメな友Yとお食事の日。
どこに行くべーかと相談してると、「あ!そうだ 新宿に新しい すし匠系の店が出来たんだった」とYちゃん。
なんでも、この店のオープン数日前に、四ツ谷の『すし匠』に行ったYちゃんは、親方の中澤さんから名刺貰って、行ってみてと言われていたのだとか。

わたしもお気に入りの四ツ谷の『すし匠』
お弟子さんたちのお店も、都内色々なところで評判を呼んでいる。
すし匠のお弟子さんの店が、なんと新宿に出来たとは!
新宿で良いお寿司屋さんって、本当に少ない。
う~ん、京王プラザホテルの九兵衛くらいしか思い浮かばん。

思い立ったが、当日予約
なんとか、お二人様滑り込みのお席確保。

初めての鮨屋なので、写真撮るのは様子見なので、今回画像なし。
鮨屋って、あまりにクローズドな空間なので、写真撮影可だとしても、なかなか撮るのは憚られるわ。

18時過ぎに店に入ると、カウンターのみ8~9席。既に3人連れとお一人様がお食事中。
親方は・・・確かに見覚えが!まじまじ見つめちゃったw
私は四ツ谷の店で、中澤さんと3番手の人にしか握ってもらったことがないので、うっすらな気憶。

さて、最奥の席に陣取ると、カウンター奥には各人用の角皿が。
この作家物風な印象的な角皿・・・カウンターの緩い斜度に合わせて、角度付けて焼いてありまっせ!
四ツ谷でもそうだったっけ?記憶はない。
その角皿にワカメと海ブドウは、すし匠系のお約束

こちらのお店も、つまみと鮨を織り交ぜながら出してくれるスタイル。
私とYのような、飲兵衛には最適なのよね・・・

ビールで乾杯!「お疲れ様~」と言う私達に合わせて、親方始め板場の皆さんまで、「お疲れ様です!」と呼応して下さるの。
場が一気に和む♪

先ずは真子鰈のお刺身と浅利の出汁煮が出される。
そして、雲丹、どこ産だったか失念。
続いて春子のオボロ載せの握り。ビューテホーな一品。

そうそう、酒は四ツ谷と同じく、「飛露喜 特別純米」からスタート♪
旨み系の日本酒は、他に十四代と洗心が在りましてよ~(高い酒ばっかw byY)
握りにはぬる燗好きな私は、次に石川県の「手取川 (確か)山廃純米」をぬるぬるで。
最後に「洗心」で〆。
Yは「貴」で通す。「得月」も飲んでたっけ?

さて、酒ばっかの紹介じゃいけませぬ。
お鮨で一番印象的だったのは、シマアジの1週間寝かせたものの握り。
1週間寝かせると、旨みが最高に増すのだそう。

おつまみには、雲丹好きな私は、その日の2種類の雲丹も頂いたし、すし匠でも出る鯵と薬味の海苔巻きもやっぱり美しく且つ美味しい。
鮪の頬っぺの串焼きも美味しかったなあ・・・

他にも色々食べたが、シマアジをもう一度お替り。
私的「鮨屋パターン」に則り
最後に穴子をタレと塩で握ってもらい、〆の巻物は干瓢と山葵の極細切り。

嗚呼、満足満足・・・

そうそう、私たちよりも前に入店なさってたグループの、上品な御婦人。
帰りしなに私たちの方にわざわざお寄り下さり、「お皿に注目して下さって嬉しかった」と・・・
なんと!この店の器をコーディネートなさった御方でしたっ!!!

私、声大きいし、大きな角皿すら持ち上げて、裏までしげしげ見てたから・・・
ちょい恥ずかし。

ともかく、お美味しいお鮨、旨い酒、ステキな空間、極めて便利な立地。
四ツ谷よりお会計安し。
再訪間違いなし!

ご機嫌な真理子さん、20時台だというに千鳥足・・・でお帰りになりましたとさ。



店名     匠 達弘
最寄り駅  新宿
住所    東京都新宿区新宿4-1-9 新宿ユースビル6F
電話    03-6457-7570
定休日  月曜日
営業   11:30~13:30/18:00~22:00



匠 達広 (寿司 / 新宿、新宿三丁目、代々木)
★★★★ 4.0


14:24  |  おそとで食べすぎ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。