FC2ブログ
2021年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2006.11.15 (Wed)

美ヶ原温泉 『旅館すぎもと』 3

すぎもと 朝食

朝食は、こんな感じ。
量は軽め。
昨日の夜、食べ過ぎたので、これくらいで丁度良い。

鮎の一夜干し・朴葉味噌

鮎の一夜干しと、朴葉味噌。
この朴葉味噌がとっても美味しい。
夫は最後の最後まで、ホジホジして食べていた。

この宿の料理を通して思うが、使っている味噌がどれもいい。
さすが、信州。

すぎもと 湯豆腐

朝の湯豆腐は好き。
お家では絶対にしないので、ちょっと贅沢な気分になるから。
熱々の湯豆腐を食べると、胃から暖まって、体が動き出す感じ。


この日も朝からとってもいい天気。

私達は、紅葉の乗鞍高原をドライブし、白骨温泉に入り、
出来れば、木曾の奈良井宿
http://www.a-namo.com/ku_info/kaido/nakasen_do/narai/narai.htm

まで足を伸ばす、欲張りな予定だったので、早めのチェックアウト。


フロントでは、ご主人が自ら、会計とお見送り。
行く先の道路情報や、見所まで、丁寧に教えてくれた。

老舗の有名旅館の主だけど、とても優しげな感じの方。



こちらの宿、こ~んなに豪華なお料理を出すのに
良心的なお値段。
(お酒は高かったけどね 笑)

もっと狭いお部屋で、食事も多少品数の少ないタイプなら
平日、15,000円から泊まれる。
あの料理の多さからすると、15,000円のプランでも十分だろう。

そんなにお安いのなら、連泊したい所だが
この宿に連泊しようものなら・・・

確実に太る・・・若しくは胃をこわす事、必至!



ここからは、こっそり内心の声を


スポンサーサイト



テーマ : 温泉宿 - ジャンル : グルメ

11:03  |  美味しい宿  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.14 (Tue)

美ヶ原温泉 『旅館すぎもと』 2

すぎもと 馬肉のタルタル

これは、こちらの宿の名物料理

「馬肉のタルタル」

これが美味しいの!
薬味や味噌を色々とのせ、海苔で手巻き寿司の様に巻いて食べる。

冷酒と頂けば、もう幸せ♪

これは、全料理の中程に出て来たので、全てのお料理は


こちら 

テーマ : 温泉宿 - ジャンル : グルメ

13:07  |  美味しい宿  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.13 (Mon)

美ヶ原温泉 『旅館すぎもと』 1

紅葉の季節、夫と二人どこに行こうかと考えた時
思い浮かんだのが、この宿。

前々から、一度訪れたかったの~!

と言うのも、以前旅行誌であの山本益博氏のお気に入りの宿として、書かれた紹介記事が、忘れられなかったのだ。

すぎもと 外観

先日のエントリー「たてしな薫風」を後にした真理子夫婦は、松本市内観光でヘトヘトになりながら、やや遅めにチェックイン。

駐車場は狭いのだが、細い路を宿の前に辿り着くと、即若い従業員さんが誘導してくれる。
三階建ての木造建築(昭和8年創業らしい)は、改築されていて、旧さと近代的なデザイン性を併せ持つ、何とも落ち着く造り。

私たちのお部屋は、本館?の2階桧風呂のついたタイプで、中庭に面していた。
他にも、囲炉裏つきのお部屋や、ロフトつきのお部屋など各部屋はそれぞれ違う造り。


夕食まで時間が余りなかったので、そそくさと温泉に。

こちらの美ヶ原温泉は、奈良時代からあるらしい。
日本書紀に「束間の温湯」と記されているそうな・・・
江戸時代には松本藩主の御殿湯。
日本書紀よ!日本書紀!想像の域を超える歴史だわ。

自家源泉が庭にあり、45℃、弱アルカリ単純温泉。

しかし残念ながら、こちらの宿は掛け流しではない。
昔は掛け流しだったのか?掛け流しの記述がHPに・・・
これは、修正なさった方がよろしいかと。
それとも、どなたかのHPの記述であったように、家族風呂だけは源泉掛け流しなのかな?

お風呂から上がって、ビールをちょこっと。
嗚呼、極楽極楽~♪


そして、いよいよ夕食だ!

ここの宿は、美食で有名な宿。

期待でウキウキしながら、地下の廊下を通り、料亭内の「孤月庵」へ。
すぎもと 回廊
すぎもと 料亭内

こちらの席、迫力のオーディオで、ジャズが流れているの。
ステキでしょう?


さてさて、お料理は今迄で最高に長くなりそうなので

つづく・・・






そうそう、館内がとっても素敵な造りなのに、チェックイン後ばたばたしてしまい、写真が撮れなかったのが悔しい。

ご主人の蕎麦打ちも見逃した。残念・・・

皆様、是非下のHPで、宿の様子をご覧になって!





宿名  美ヶ原温泉 旅館すぎもと
住所  〒390-0221 長野県松本市里山辺451-7
TEL   0263-32-3379
FAX   0263-33-5830
e-mail sugimoto@po.mcci.or.jp
最寄り駅 中央本線松本駅(新宿より特急2時間30分)下車
     タクシー15分
     中央自動車道松本ICより約25分

宿HP  www.mcci.or.jp/www/sugimoto/




テーマ : 温泉宿 - ジャンル : グルメ

14:04  |  美味しい宿  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2006.11.11 (Sat)

蓼科温泉 『たてしな薫風』 3

夕食時に、朝食は和食にするか洋食にするかお尋ねがあった。
夕食の土鍋炊きご飯があまりにも美味しかったので
迷わず、和食を選択。
夫に「あなたは洋食にしてみたら?」とこのブログへ載せる写真をこっそり意識した、小ズルイ妻真理子。
当然その目論見は「俺もご飯がいい。」との一言で、脆くも崩れる。
そうだよね、夫氏土鍋ご飯、4杯もお替りしてたもの・・・
だからと言って、私も諦められない。あのご飯。

蓼科薫風 和風ポトフ

朝食で先ずだされるのが、こちらの和風ポトフ。
れんこん、里芋、人参、ズッキーニ等々が優しい味のお出しで共される。
ビックリするほどの胡椒が効いている。

こちらのポトフを不味いとコメントされる方が多いようだが
料理長は敢えて、このピリリと辛い胡椒使いなのだと感じさせる。
私は好き。

惜しむらくは、ぬるいのだ。

そのせいで、損をしている気がする。

具材が冷たいまま、熱いスープを注いでいるのがアリアリ。
もっともこの胡椒の量で、熱々だったら、むせ込んでしまうかもしれない。

この胡椒の量と温度の関係が、料理長の思惑だとしたら
それならこの料理の評価は・・・

私は胡椒の量をきもち控えて、熱々の状態で食べたい。
だってー!ぬるいポトフなんて・・・

蓼科薫風 朝食

期待したご飯は残念ながら、土鍋炊きじゃなかった。

全般的に朝食は軽め。
一番美味しかったのは、大豆を海苔で炊いたもの。
煮豆が得意じゃない私が、美味しいと思った。



ここの宿の最も優れている点は、コストパフォーマンスに優れている所。

連泊した場合のお料理はどうだろう?
またいつか行ってみたいと思う。



テーマ : 温泉宿 - ジャンル : グルメ

20:23  |  美味しい宿  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.11.10 (Fri)

蓼科温泉 『たてしな薫風』 2

たてしな薫風 先附・寄せ盛

さて、夕ご飯。
上の写真は最初に出て来た先附と寄せ盛。

先附けの柿の白和えからして、
びっくり!、美味しいじゃないの~!
その前の週に都内の有名割烹で食べた、柿の白和えより美味しい。

続いて寄せ盛は近所で採れたというススキや、紅葉の葉で秋らしい飾り。
中身はこんな。
たてしな薫風 寄せ盛


これは、飲まずにおけようか
ってんで、すかざず純米酒を頼む、真理子夫婦。

こちらはお酒の種類もあり、しかもとってもリーズナブル。
温泉宿って、ビール1本、目玉が飛び出るような値段で出す所が多いでしょう?
ここの宿は、市価とそう大差ない値段で色んな種類のお酒を出してくれる。

のん兵衛真理子にとって、非常にポイント高し。

ワインの品揃えまで、結構ある。
隣のお席の熟年カップルは、きちんとワインクーラーに入れられたワインで食事を楽しんでいた。

そうそう、食事はふたつあるダイニングスペースと、または小さな個室(多分予約制)で頂く。
たてしな薫風 食事処



料理のつづきは・・・

テーマ : 温泉宿 - ジャンル : グルメ

14:37  |  美味しい宿  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT